ホーム > キムチ屋スタッフブログ > スタッフの日記 > キムチの栄養成分シリーズ①
キムチ屋スタッフブログ

キムチの栄養成分シリーズ①

キムチ1.jpg画像1 125.jpg570x427-hakusaiimage.jpgのサムネール画像
    

キムチの栄養成分①

キムチの栄養成分と役目はその原料によってそれぞれ異なるしかないが本場のキムチは次のように整理されることができる.

1.主原料で使われる野菜に含有されたカルシウム, あかがね, 鉄分, 塩などは人体に必要な塩分と無機質を含むので体液をアルカリ性で作る重要な役目をする.
 

2.動物性塩辛でアミノ酸を得て米を含めた穀物類で不足なタンパク質を補うことができる. キムチが醗酵しながらあみの塩辛, 魚塩辛, などのタンパク質がアミノ酸に分解されながら骨もとけるからカルシウムの根源になる.
 


 

3.米飯を主にする場合不足になりやすいビタミンB1(thiamin)の吸収に役に立つ.

4.野菜に豊かな纎維素を取って便秘を予防して, 膓炎, 結膓炎などの疾病を抑制する.
 

5.酸味が出たキムチは有機酸, アルコール, エステルを生産して乳酸菌醗酵食品で食欲を増進させる.
 

6.醗酵進むによって繁殖された乳酸菌は膓の他の有害菌を抑制して以上醗酵を阻む.
 

7.各種ビタミンを供給する, 特にビタミンCが多くて 大根の葉, にら、ねぎみたいな緑黄色野菜がたくさんまじればビタミンAが多くなる.
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-kimuchiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/68

PAGE TOP