ホーム > キムチ屋スタッフブログ > スタッフの日記 > キムチに使う材料にらの栄養成分と効果
キムチ屋スタッフブログ

キムチに使う材料にらの栄養成分と効果

にらの効能

にらは胃が気まずいとかつわりになる時は搗き碎いて汁に牛乳や蜂蜜を入れて飲めば良いです. 嘔吐が生える時にらの汁を作って生姜汁を少し入れて飲めば效果があります. また鉄分がたくさん入っていて貧血にも良くて, 出産の後痛症にも甘草とともに煎じて食べれば良いです. またにらには血液循環を良くして泊った血液を排泄する性質もあって外傷でふくらんだ所, 凍傷, 血が出る時, 傷部位などに搗き碎いて汁をつければ治療效果があります. しかしたくさん食べれば下痢ができて特にアレルギー体質である人は慎んだ方が良いです。

  CIMG6383.JPG

表 2-1  にらの栄養成分表 (100g 当たり)

 

 

種類

 

熱量(kcal) 

数分(%)

タンーパク質(g)

 

炭水化物

 

   無機質

 

 ビタミン

糖質(g)

纎維質(g)

Ca(mg)

Fe(mg)

β-caroten(㎍)

ニラ

21.0

91.4

2.9

2.8

1.1

47.0

2.1

3,094.0

<韓国栄養学会7次改訂版>

 

にらはカロチン, ビタミン B2, ビタミン C, カルシウム, 物心などの栄養素をたくさん含んでいる緑黄色野菜だ. 特ににらはベータカロチンの含量が多い野菜でカボチャの 4倍位が入っている. にら葉に入っている糖質は殆どぶどう糖または果糖で構成される単糖類だ. 方向成分であるアルリルソルパイド(allylsulfide)は胃や臓を刺激して消化酵素の分泌を促進して消化を助けて殺菌作用をする. にらは元気がなくて体力が劣って時效果がある強壮野菜だ.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-kimuchiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/77

PAGE TOP