ホーム > キムチ屋スタッフブログ > スタッフの日記 > キムチに使う野菜材料ねぎの効能
キムチ屋スタッフブログ

キムチに使う野菜材料ねぎの効能

キムチ3 003.jpgキムチ3 106.jpg

 

なが葱特有の成分であるアルリシンはニンニクとたまねぎと等しくて, ビタミン B1と繋がれて效果が良いアリチアミンを作り出す.

これは腸管で吸収が特に良い.また, なが葱の薬效成分としては油絵アリールがある. なが葱なんかを細かく切り刻む時目を刺激する成分がすぐ油絵アリールであり, 生で食べれば神経を刺激して消化剤の分泌が盛になる.

生を味付けで使えば食欲増進效果も良い.油絵アリールは体内で乳酸を作って, 解毒作用に良い役目をして效果がある.

なが葱の刺激的な香臭は神経を楽にさせてくれる動きがあって不眠症にも良くて, 便秘, 整腸利尿, 神経痛, 風邪にも薬效がすぐれる.

ねぎの食用的価値は料理をおいしくしてくれる役目をして味付けでもたくさん使われる.特に魚料理の毒をとり除いて人の体内を暖かくしてくれる性質を持っている.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-kimuchiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/79

PAGE TOP