キムチ屋スタッフブログ

梨の栄養と效能

梨⑤.jpg梨⑦.jpg梨②.jpg梨①.jpg

 梨の栄養

梨水分含量が 85 ~88% であり熱量は 51カロリー程度.

主成分は炭水化物で糖分 10 ~15%で品種と栽培面積によって違って, タンパク質 0.3%, 脂肪 0.2%,纎維素 0.5%が含有されている.

梨はナトリウム, カリウム, カルシウム, マグネシウムの含量が 75% 占めているアルカリ性食品で梨か梨加工品をたくさん食べることは血液を中性に維持させて健康を維持するのに大きい效果がある.

ビタミンはりんごに比べてビタミン B1,B2 含量はちょっと多くて, ビタミンC 含量は少なくて, 有機酸はりんご酸が 0.08%で主で, その外の石酸, 枸椽酸が含有されている.

 

梨果実效能

垣, 痰咳

垣が出る咳には梨汁 100cc 大根汁 100ccを混合した後生姜汁 30ccに乗っていっぺんに飲む.咳がとてもひどい時は梨 1個を牛乳と混ぜて煎じて飲む.

 痰がひどい喘息には大梨 1個を割って中身を出してその中に黒豆をいっぱい入れて2個を合わせた後しょうじを水に濡らして梨を包んで火中に入れて充分に煮った後豆を取り出してにじて食べれば効能がある.

 子供咳や百日咳には大梨 1個に箸で 50ヶ程度穴を作ってその中にこしょうを一粒ずつ入れた後塗った小麦粉で梨を包んで火中に入れて煮った後こしょうを抜いて梨を食べれば効能がある.

 解熱

梨は冷気があるが消化に效果があって排便や小便をちゃんと出るようにしながら身に熱を下げるようにする.

 東南アジア等熱帯亜熱帯国家ではマラリア蚊に刺されてひどく熱が生ずるマラリアや怠, 筋肉痛, 頭痛などの症状を見せる熱などに梨が薬と知られていてこの国人々は梨を希に思っている.

 これは梨がマラリアやテンググ熱に直接効果があるのではなくて高熱で他の食べ物を食べることができない時梨は冷たく食べることができるし果実の中にはビタミン Bと Cが含有されていて解熱效果があるからだ.

 子供が熱のある時は梨汁を出しておかゆ炊いて食べさせれば效果的だ.

 排便

利尿促進作用に效果がある.

柔肉

梨は肉を柔らかくする柔肉酵素があって梨を千切りして肉と混ぜて一晩ねかしてから食べさせれば肉が軟らかくなって消化がよくできる.

 はれ物(お出来)

お出来の根を引く時は生梨を切って患部に付ければ根が抜ける.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-kimuchiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/85

PAGE TOP