ホーム > キムチ屋スタッフブログ > キムチに入る野菜の栄養と効能

キムチに入る野菜の栄養と効能

キムチに使う唐辛子の効能、効果、栄養

 唐辛子2.jpg唐辛子1.jpg唐辛子6.jpg唐辛子3.jpg

おもしろい事の中で一つは韓国では唐辛子の辛い味が景気不況である時もっと人気が高いという点だ. これは漢方医学籍で見る時であるわけがある言葉だ.辛い味は気を発散する成分があって心の中にたまっている気が重い時解消させる役目をする

キムチに唐辛子を入れる本当の理由は生臭のこともありますが唐辛子の成分がキムチと合って良い微生物と栄養素を入れない白キムチに比べて何倍もっと増加させるだと言います....だからキムチの醗酵を助けると思えば当たります、

唐辛子の辛い味は‘カプサイシン’と言うの成分のためだ. 唐辛子の中でも一番辛いことにうわさが立った
辛い唐辛子の場合カプサイシン成分が普通の唐辛子よりもっと多いことと知られている.
ところでおもしろいことは人間を除いた哺乳動物はカプサイシンが好きではないというのだ. カプサイシンが
神経の単位であるニューロンを刺激してひどい苦痛を与えるからだ.
唐辛子は性質が熱くて辛いから普段体が冷たいで消化障害をよく経験する人には良い食品だ. 辛い味が消化を促進させてだ-せん(唾腺)と胃せんを刺激して胃酸分泌を促進させるからだ.唐辛子の主成分はカプサイシン以外にもビタミンA, Cがたくさん入っている.このごろのように密閉された空間で冷房にずっと露出すれば各種呼吸器疾患にかかりやすいのにビタミンAはこれに対する抵抗力を増進させる.唐辛子に含まれたビタミンCはりんごの 20倍ぐらいに豊かだ. それにカプサイシンがビタミンが酸化されることを阻むから料理をしても栄養素破壊が少ない.
しかし空気の中へ長い間おけばカプサイシン成分が徐徐に蒸発してビタミンの效能が落ちる.
唐辛子はダイエット食品でもお勧めされる. これもカプサイシンおかげで脂肪細胞に作用して身中脂肪を分解する作用をする.
しかし辛い成分の唐辛子をいっぺんに食べ過ぎれば肌にまだら点ができて胃をいたむようにできるので胃膓疾患のある人は慎んだ方が良い.


1. 唐辛子の赤い色素
- 唐辛子の赤い色素は主にケブサンティン(capsanthin:C40H56O3)
- β-カロチン, ルテイン(lutein), クリプトサンティン(cryptoxanthin)等もある.
- 果皮にはアデニン(adenine), ベータである(betaine), コリン(choline) 等の塩基含有.

2. 唐辛子の辛い味
- カブサである(capsycine)という成分のため, この成分は油の酸敗を阻んで乳酸菌の発育を助け.
- カブサイシンは果皮より種が付いている白い部分にたくさん含有
- 種にはカブサシンである成分がない.
- 唐辛子の辛い味は口の中と胃を刺激 体液の分泌を促進, 食欲を増進, 血液の循環を促進, 神経痛治療に效果的.

3. 唐辛子の效能
- 胃液分泌促進, 食欲支え物, 血液循環促進.
-去痰剤 : 粘液を水割って痰を体の外で易しく排出してくれる粘液運動作用.
- 陣痛作用: 神経伝達細胞の機能を一時的に麻痺させる.
* 注意点: たくさん食べれば胃腸を刺激して胃腸粘膜損傷, 下痢, 肝臓機能を害したりする

4 唐辛子選び法
- 唐辛子粉が特に赤い光がきれいに出るのは避けた方が良い.
- 唐辛子粉 1tspをカラスコップに入れてサラダ油を唐辛子粉が浸るほど注いでこれをぐつぐつする程度に沸かして
 唐辛子粉量の 3〜4倍位の水を注いで色彩を見る.
この時染めた唐辛子粉は血の色の真っ赤な色が出ますが純粋唐辛子粉はイエロー色のピンク色彩が出る.
- 唐辛子粉を豆腐とともに沸かした後豆腐のみを取り出してきれいな水に浸しておく. この時豆腐がきれいになれば本当の唐辛子粉であり、赤い水が入って
 抜けなければ染めたことで見られる.

5. 保管方法  -  保存方法 -
- ビニール袋に入れって密閉させた後陰がある所に保管.
- 湿度は 14%位, 空気接触時色が変わるとかかびが生ずることができる.
- 唐辛子粉は冷蔵保管した方が良い.
- 古ければ硬く固まって黒く色が変わるのですぐ碎いて使った方が良い.

 

           ----辛いのが好きな方は豚肉炒める時とか豚キムチを作る時ちょっと入れる事をお勧めです----

 

        === 冷凍保存も賢いです ===

梨の栄養と效能

梨⑤.jpg梨⑦.jpg梨②.jpg梨①.jpg

 梨の栄養

梨水分含量が 85 ~88% であり熱量は 51カロリー程度.

主成分は炭水化物で糖分 10 ~15%で品種と栽培面積によって違って, タンパク質 0.3%, 脂肪 0.2%,纎維素 0.5%が含有されている.

梨はナトリウム, カリウム, カルシウム, マグネシウムの含量が 75% 占めているアルカリ性食品で梨か梨加工品をたくさん食べることは血液を中性に維持させて健康を維持するのに大きい效果がある.

ビタミンはりんごに比べてビタミン B1,B2 含量はちょっと多くて, ビタミンC 含量は少なくて, 有機酸はりんご酸が 0.08%で主で, その外の石酸, 枸椽酸が含有されている.

 

梨果実效能

垣, 痰咳

垣が出る咳には梨汁 100cc 大根汁 100ccを混合した後生姜汁 30ccに乗っていっぺんに飲む.咳がとてもひどい時は梨 1個を牛乳と混ぜて煎じて飲む.

 痰がひどい喘息には大梨 1個を割って中身を出してその中に黒豆をいっぱい入れて2個を合わせた後しょうじを水に濡らして梨を包んで火中に入れて充分に煮った後豆を取り出してにじて食べれば効能がある.

 子供咳や百日咳には大梨 1個に箸で 50ヶ程度穴を作ってその中にこしょうを一粒ずつ入れた後塗った小麦粉で梨を包んで火中に入れて煮った後こしょうを抜いて梨を食べれば効能がある.

 解熱

梨は冷気があるが消化に效果があって排便や小便をちゃんと出るようにしながら身に熱を下げるようにする.

 東南アジア等熱帯亜熱帯国家ではマラリア蚊に刺されてひどく熱が生ずるマラリアや怠, 筋肉痛, 頭痛などの症状を見せる熱などに梨が薬と知られていてこの国人々は梨を希に思っている.

 これは梨がマラリアやテンググ熱に直接効果があるのではなくて高熱で他の食べ物を食べることができない時梨は冷たく食べることができるし果実の中にはビタミン Bと Cが含有されていて解熱效果があるからだ.

 子供が熱のある時は梨汁を出しておかゆ炊いて食べさせれば效果的だ.

 排便

利尿促進作用に效果がある.

柔肉

梨は肉を柔らかくする柔肉酵素があって梨を千切りして肉と混ぜて一晩ねかしてから食べさせれば肉が軟らかくなって消化がよくできる.

 はれ物(お出来)

お出来の根を引く時は生梨を切って患部に付ければ根が抜ける.

キムチに使うりんごの効能

ーこれは信州産のフジりんごです。ー

りんご①.JPG

 

りんごは世界で 4千万トンが生産されている. (2010年基準)

 

適当な温度と秋の豊かな環境, 昼と夜の温度交差がりんごの

色と糖分含の量を高めるとても良い環境条件を作ってくれるからだ.

 

りんごに含有された栄養成分は食べる水分含量が 82~88%,熱量が 45~68Calとして主成分は炭水化物で糖分は 13~16%として他の果物に比べてちょっと多い方だ.

タンパク質の量は他の果物のように 0.2~0.6%, 脂肪質は 0.2~0.5%として他の果物に比べてちょっと多い方だ.

 

タンパク質の含量は他の果物のように 0.2~0.6%,  脂肪質は  0.2~0.5%として品種間の違いはあるが他の食品に比べては少ない方だ. しかしりんごが持っている特殊成分は数値のちょっとよりは人体に良い效能を与えることが多くて昔からイギリスのことわざに一日に一玉のりんごは医者を遠くにする." と言うほどりんごは万病通治の妙薬と知られていて, 今もイギリス人はりんごを食後にデザートで食べるのではなくて食事中に食べる食品の一種で愛用していると言う. これはりんごに含有されたカリ, りんご酸, 植物纎維質であるペクチン, セルロス などが人体に良い效能を与える成分で広く知られているからだ.

 

ー私たちの食べる食品はアルカリ性食品なのか, 酸性食品だかを区別して健康を

守るためにはアルカリ性食品を取って血液を中性に維持するのが健康に良いと知られている.

 

食品が酸性なのか, アルカリ性なのかすることはその食品の中に含んだ無機質の含量によって

区別されるのに無機質成分中イン(P), 硫黄(S), 塩素(CI)等の成分は体の中でインサン,硫酸,

塩酸等の酸を作り出すのでこれら成分がナトリウム(Na),  カリ(K), カルシウム(Ca)等に

比べてたくさん含有された食品を酸性食品だと言う.

これと反対にナトリウム,カリ, カルシウム, カグネシュム等がイン, 硫黄, 塩素などより多く

含有された食品は食べた後身中で塩基性灰分を作り出すのでこれをアルカリ性食品だと言う.

反対に酸性食品の代表的なことは肉類, 卵, 穀物類などである.

 

肉や卵と一緒にタンパク質の多い食品が酸性になる原因はタンパク質の中に

含有されているアミノ酸にはこの硫黄成分が体内で酸化されて硫酸を作り

だからであり, 穀物はインの含量が特に多くてイン酸を生成するからだ.

しかし果実類はナトリウム, カリ, カルシウムなどの含量が多くて体内でアルカリ性を

現わすので重要なアルカリ性食品だ.

果実は有機酸を含んでいて酸味がするが体内でこの酸が分解してその

灰分がアルカリ性になるので味は酸っぱいとしてもアルカリ性食品であることだ.

したがって血液を中性に維持しようとすれば肉類, 穀物のような酸性食品を取

る時も果実のようなアルカリ性食品を共にたくさん取るのが生活化されなければならないだ.

1
PAGE TOP