ホーム > キムチ屋スタッフブログ > 本場韓国の味キムチの栄養成分 シリーズ

本場韓国の味キムチの栄養成分 シリーズ

キムチの栄養成分 シリーズ⑤ーキムチの効果ー

キムチカット①.JPG500gキムチ①.JPG500gキムチ②.JPG

        酸中毒症を予防

 キムチは肉類や酸性食品を過剰攝取の時血液の酸性化に発生される酸中毒症を予防してくれるアルカリ性食品供給源だ.

    成人病予防

成人病予防にもお手助けになるのに肥満, 高血圧, 糖尿病, 消火器系統の癌予防にも效果がある.

    坑動脈淨化及び恒産化抗老化(クロトー Klotho)機能

 最近研究結果によればキムチの攝取は血中コレステロールの量を減少させて Fibrinを分解する活性を持って動脈硬化を予防する效果があると明かされた. 白ねずみを利用した実験でキムチ攝取は簡儀脂肪質濃度も減少させることで現われた. また, キムチはビタミン C, B-Carotin, Phenolic化合物, クロロフィルなどの活性成分によって恒産化作用を経るので老化を抑制して, 特に肌老化を抑制する效果がある. キムチは恒産化活性のあるのに醗酵が進行されるによって差を見せたし, 熟成適期のキムチで一番高かった.

本場韓国の味キムチの栄養成分 シリーズ④

豊かなビタミンと新陳代謝活性化

 例えば唐辛子はビタミンA 含量が多くて, 特にビタミンCはりんごより 37倍, みかんより 7倍が多いだけでなく人体の老化を抑制することと知られていて, ニンニクに含有されたアリシン(aillicin)は力強い殺菌效果といっしょにビタミン B1の吸収を促進して新陳代謝を活性化して腔腸カンジョンの效果があります.

画像1 101.jpg唐辛子①.jpg画像1 102.jpg

キムチの栄養成分 シリーズ③

ネギ②.JPG名称未設定-1.jpg名称未設定-11.jpg

乳酸菌の作用
 

多くの材料を混合して作られるキムチにはアルリシンを含めた多くの種類の抗生物質が含まれていて, 生きている乳酸菌が多くて場内微生物のせりふ活性に影響を与えて大膓癌の予防效果があるという研究結果も発表された事がある. 

 

 

 

仕分け

白菜

 大根

キャベツ

にら

 きゅうり

なが葱

熱量 kcal

14

30

29

27

8

24

水分 %

94.7

90.3

94.3

89.8

96.6

91.2

タンパク質 g

1.3

2.0

1.5

4.3

0.6

1.7

地質 g

0.2

0.1

0.6

0.4

0.1

0.4

糖分 g

2.6

6.1

4.4

3.7

1.7

4.7

纎維質 g

0.7

0.9

0.7

1.2

0.6

1.4

かいぶんmg

0.5

0.6

0.5

0.6

0.4

0.6

カルシウム mg

70

62

18

34

26

110

イン mg

63

29

31

27

35

32

Vit.A I.U

225

-

43

7.286

131

1.863

Vit.B1 mg

0.06

0.01

0.12

0.41

0.01

0.06

Vit.B2 mg

0.09

0.03

0.43

0.06

0.02

0.07

Niacin mg

0.4

3.9

0.2

0

0.4

1.8

Vit.C mg

28

44

27

40

9

25

         - 資料 : 韓国農村進興庁農村栄養改善研修院, 食品分析表 -

本場韓国の味キムチの栄養成分 シリーズ②

キムチの栄養成分②

画像1 124.jpgニンニク①.JPG材料作り①.jpg

キムチの坑癌效果
 

キムチが坑癌效果を持っているということはもう明かされた事実だ. キムチの主材料に利用される白菜などの野菜は大膓癌を予防してくれて, キムチの材料で必ず入って行くニンニクは胃癌を予防してくれる. ニンニクは韓国ではほとんどの食べ物の味付けで使われて, 特にキムチでは除くことができない重要な材料だ. ニンニクはキムチの種類によって押し堅めるとか, 薄く切るとか, 千切って入れるのにこんなに生にんにくをそのまま切るとかかめば強くて辛いにおいと味がする. それで西洋人たちはこんな辛くて強い香のためニンニクをき避けている. しかしニンニクはさまざまな面で非常に有用な食品だ.

キムチの栄養成分シリーズ①

キムチ1.jpg画像1 125.jpg570x427-hakusaiimage.jpgのサムネール画像
    

キムチの栄養成分①

キムチの栄養成分と役目はその原料によってそれぞれ異なるしかないが本場のキムチは次のように整理されることができる.

1.主原料で使われる野菜に含有されたカルシウム, あかがね, 鉄分, 塩などは人体に必要な塩分と無機質を含むので体液をアルカリ性で作る重要な役目をする.
 

2.動物性塩辛でアミノ酸を得て米を含めた穀物類で不足なタンパク質を補うことができる. キムチが醗酵しながらあみの塩辛, 魚塩辛, などのタンパク質がアミノ酸に分解されながら骨もとけるからカルシウムの根源になる.
 


 

3.米飯を主にする場合不足になりやすいビタミンB1(thiamin)の吸収に役に立つ.

4.野菜に豊かな纎維素を取って便秘を予防して, 膓炎, 結膓炎などの疾病を抑制する.
 

5.酸味が出たキムチは有機酸, アルコール, エステルを生産して乳酸菌醗酵食品で食欲を増進させる.
 

6.醗酵進むによって繁殖された乳酸菌は膓の他の有害菌を抑制して以上醗酵を阻む.
 

7.各種ビタミンを供給する, 特にビタミンCが多くて 大根の葉, にら、ねぎみたいな緑黄色野菜がたくさんまじればビタミンAが多くなる.
 

1
PAGE TOP