ホーム > キムチ屋スタッフブログ > キムチに使う野菜(栄養.成分.効果)

キムチに使う野菜(栄養.成分.効果)

アミの塩辛の効能と効果(海老)

本場キムチ屋では本場韓国産日本産を使っています

アミ①.jpgアミ②.jpgアミ③.jpgアミ④.jpgアミ⑦.jpg

アミの塩辛=海老は昔から精力を強くする食品と知られた海老は結婚しない男たちには食べることができないようにした.中国では男ひとりで旅行をする時は海老を食べるなと言うことが医学書籍にも書いているほどに男性の陽気を引き立ててくれる食品だ. たぶん海老のしっぽ打つ力が強いことから出た言葉のようだ.海老の主要成分は水分含量が多いのにタンパク質含量も高い. 特に味が良いことであるほどアミノ酸含量が高い.海老に入っているキチンは化学的にアミノ酸で成り立った多糖類なのにキチンをアルカリで処理すればキトサンが生ずる. キチンとキトサンは体の中でコレステロールの吸収を防止する效能があって高血圧を防止する效果がある.また海老にはけれん部分 100g 当たり 164mg 程度のコレステロールが入っているが血の中のコレステロール量を落とす高度の不飽和脂肪酸とタウリンが一緒にかかっていて動脈硬化, 高血圧, 心臓病などの患者たちに良い食品である.性質が平易で冷ややかな方に近くて精神労動をたくさんしてストレスのひどい人々が食べれば脳活動が活発になるので役に立つ.

 效能及び服用法扁桃腺 

 水も飲むことができずに声もよく出すことができない扁桃腺炎でありなさいといえばあみの塩辛粉を利用する方法がある.

利用方法:あみの塩辛をぎゅっと絞って水汽をなくした後フライパンに炒めて粉を出す. このあみの塩辛粉をストローで吹いて扁桃腺が腫れて痛い部位に飛ぶようにする. これを何回繰り返せば不思議に治療になる

豚肉の料理に使っても味か良いです。豚キムチを作る時もちょっと使用すると別の味が出ます、

本場キムチに使う塩辛の効能(いわし塩辛)

      ---本場キムチ屋ではイワシ塩辛とイカナゴ2種類を混ぜて使っています。---

イワシ①.jpgイワシ⑤.jpgイワシ⑥.jpgイワシ②.jpgイワシ⑦.jpgイワシ③.jpg

キムチといえば除くことができないことが乳酸菌である. キムチが熟成する段階で乳酸菌が多くなる. 乳酸菌は 膓 を

きれいにさせる 整膓作用を助ける. 基本的に大膓癌を予防する效果がある.キムチの各種材料は恒産化成分が豊か

で老化抑制, 癌予防, 免疫増進に役に立つ. キムチは不十分に漬かるとかたくさん熟したよりは適当に味が熟成され

た時坑癌效果が一番大きい.キムチ素は 食物纎維と香辛料, 乳酸菌は血液の中に 悪いコレステロールを落として各

種成人病の予防と治療にも役に立つ.キムチがこのように多い效能を発揮するには ‘塩辛’の 役割が 大きい.いわし

の塩辛はキムチに使われる動物性材料だ. 塩辛にはアミノ酸が豊かでタンパク質を補うことができるし, ビタミン B1

を補う役目もする.また塩辛の特性で 骨まで分解されて食べることができてカルシウム供給源でも 良い

 

保存醗酵食品で保存期間の間タンパク質がアミノ酸で分解 になって 固有の味と香りを出す. 魚の骨は分解

されて吸収されやすいカルシウム 状態で 変わって 脂肪は揮発性脂肪酸に変わって塩辛特有の味と香りを出すよ

うになる.良質のタンパク質とカルシウム, 脂肪質の供給源でもあった塩辛はカルシウム含量が高い アルカリ性食

品で体液を 中和させる重要な役目をする.一番多く使うあみの塩辛は脂肪が少なくて さっぱりであり, いわし辛は脂

肪, 必須アミノ酸含量と熱量が一番高い

1
PAGE TOP